簡単な水漏れは自分で修理を

ポタポタという水漏れの音、気持ちのいいものではありませんので早急に修理を依頼したいものですが、真夜中であったり、年末年始などは修理依頼をするのを躊躇うこともあるでしょう。もちろん、最近では24時間365日、電話一本で駆けつけてくれる修理サービス業者が増えていますが、自分で修理出来ればそれに越したことはありません。実は軽い水漏れであれば自分で直せるケースもあります。正しい情報をもとに修理をしてみるのもいいでしょう。

例えば、パイプの付け根から漏れている場合であれば、パイプを水栓に固定しているナットをしっかりと締めてみてください。ナットの緩みが原因であれば、これだけで水漏れが止まります。実はこういったケースは良くあるので覚えておくと便利です。その他ゴムパッキンの劣化による水漏れも良くあるケースですが、これも交換部品があればインターネットの動画を見ながら簡単に交換することが出来ます。

必要な道具はホームセンターなどで簡単に手に入りしますし、種類も多くありませんので、自分でやってみようと考えている人は道具を揃えておきましょう。なお、作業の前には必ず止水栓を閉めておくことを忘れずに。うっかり閉め忘れてしまうと水漏れの被害が拡大してしまいます。そもそも水道の蛇口の部品などは耐用年数が10年程度とされています。

前回交換してから10年以上たっている場合は、予め自分で出来る範囲の部品を交換しておくのも一つの手です。いざという時に備えられることは備えておくようにしましょう。豊田の水漏れのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*