配管や水道系の経験者は水漏れ修理会社を経営できます

配管の作業を行う施工店や、水道管や水回りの設備会社などの経験者の場合、後に独立起業を希望した場合は水漏れ修理の会社経営を行えます。経験者であれば構造を把握していることになり、工具の扱い方もマスターしています。未経験者でも一定期間の修行を積むことで会社経営を行うことは決して夢ではありません。昨今の住宅事情では新築物件が建てられている一方で、古くなった住宅が増えていることも実情です。

戸建て住宅の他にもマンションも老朽化が進んでいる物件は多く、今後も年数の経過と共に何らかの不具合が出てしまう物件は増える可能性は高いと判断できます。住宅での困り事の多さでは、水回り関連が圧倒的に多く、水漏れ以外にも詰まりの問題や蛇口や水道管自体の交換作業も行われています。水漏れの修理会社は既に全国ネットで運営中の大手企業が存在していて、その中にはフランチャイズ化している会社も含められます。手軽に独立するならフランチャイズも良い選択肢ですが、加盟すると料金プランや営業時間など殆どの内容について全国統一化になることから、人によっては不都合を感じてしまう可能性もあります。

料金の安さとサービスの良さで勝負をしたいならば、完全に独立して会社経営をすることも悪くはありません。水漏れ修理など水道関連の仕事の場合は、売り上げは殆ど技術料というメリットがあります。高い粗利益で運営することができるので、技術職故に余剰在庫を抱えてしまうことなく営業できるので負債を抱えてしまうリスクを軽減できます。最初は工具や道具類、最低限のパーツ類を購入し、バンタイプの軽車両などを必要としますが、宣伝活動を上手く行えば依頼者が増えていき、早期回収も決して不可能ではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*